Home > アーカイブ > 2010-05

2010-05

swfを読み込む【as3.0】

  • 2010-05-31 (月)
  • as3

//swf読込
var swfLoader: Loader = new Loader();
var swfLoadUrl : URLRequest = new URLRequest(“test.swf”);
swfLoader.load(swfLoadUrl);

//ステージに追加
addChild(swfLoader);

WordPress3ベータでWordPressのバージョンを消す【WordPress】

<?php wp_head(); ?>が吐き出している一部なわけですが、これを取ってしまうと多くのプラグインが正常動作しません ( JavaScript を使うものはほぼ全滅)

下記、WordPressのバージョンを消す方法

wp-includes/default-filters.php
// Actions

add_action( 'wp_head', 'wp_generator' );

の後に

remove_action('wp_head', 'wp_generator');

を追記することで消えます。

なお、関数の中身はwp-includes/general-template.php

【参考】
<?php wp_head(); ?>について

【2010.8.26追記】
コアファイル変更しなくても、プラグインを入れなくても、metaタグのGeneratorを消せる方法を記した記事をアップしました。
コアファイル変更しなくても、プラグインを入れなくても、消せる方法

WordPress3.xのマルチブログ機能の設定【WordPress】

WordPress3.xのマルチブログ機能をONにするには、

1. wp-config.php ファイルの適当な場所に以下の一行を付け足す

define ('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

2. 全てのプラグインを無効にする

3. 管理画面のメニューのツールからネットワークを選択したら、マルチブログ機能をONにするページが表示されるので、後はページの説明に従う(wp-contentにblogs.dirディレクトリをつくる、.htaccessとwp-config.phpに追記)

※ここでサブドメインかサブディレクトリかを選べます。
これは、ネットワークに追加する各サイトを新たな仮想サブドメインとして作成するかサブディレクトリとするか、ということです。
※この設定は、一度選択したら再インストールしない限り変更できません

サブドメインの場合、どうしても DNS の設定が絡んできて(ワイルドカード A レコードの設定が必要)いろいろ設定が必要らしい。
レンタルサーバによっては設定できないこともあるようなので要注意。

【参考】
利用者:Bono/Create a Network
WordPress 3.0(beta1)マルチ化
WordPress3.0の複数サイト構築について

MTとMTOSの違い【Movable Type,Movable Type Open Source】

  • 2010-05-27 (木)
  • web

MTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクト

Movable Type 基本ライセンス (有償)との違いはなんだ?

下記はMT4との比較であって、MT5ではどうなっているかまだ未検証であるが…
違いを簡単に言えば、
サポートの有無とカスタムフィールドが使えるか否かということだ。

はて、どっちを使っていいものか…

【参考】
[Movable TypeをCMSとして使う] 第4回 MT4?MTOS?
MovableType4とMovableTypeオープンソース版は一応別物らしい

カテゴリースラッグを表示する方法【WordPress】

アンカーを飛ばしたくて、カテゴリースラッグ名を出力したい。
下記方法で実現。
ただし、カテゴリーが複数に属している場合は1番目の配列を呼び出しているので注意。
スラッグ名を使ってCSSの使い分けにも使えそうだ。

カテゴリースラッグ名出力

<?php
   $cat = get_the_category();
   $catslug = $cat[0]->slug;
?>
<?php echo $catslug; ?>

ID出力

<?php the_ID(); ?>

<?php
    $cat = get_the_category();
    $catslug = $cat[0]->slug;
    echo $catslug,"-",the_ID();
?>

同様の方法で記事カテゴリーのカテゴリースラッグを出力してみよう。

<?php 
    $cat = get_the_category();
    $catslug = $cat[0]->category_nicename;
    echo $catslug;
?>

同様の方法で記事のカテゴリー名なども出力できる。

<?php 
    $cat = get_the_category();
    $catslug = $cat[0]->cat_name;
    echo $catslug;
?>

【参考】
カテゴリースラッグ名を出力 | Lovelog+*
テンプレートタグ/get the category

バナーサイズ

  • 2010-05-21 (金)
  • web

国際サイズのバナーは、世界的には、IAB( Interactive Advertising Bureau 米インターネット広告協会)が基準を定めています。推奨するバナーサイズをチェックしよう。

長方形とポップアップ Rectangles and Pop-Ups

300 x 250 (Medium Rectangle)
250 x 250 (Square Pop-Up)
240 x 400 (Vertical Rectangle)
336 x 280 (Large Rectangle)
180 x 150 (Rectangle)
300 x 100 (3:1 Rectangle)
720 x 300 (Pop-Under)

バナーとボタン Banners and Buttons

468 x 60 (Full Banner)
234 x 60 (Half Banner)
88 x 31 (Micro Bar)
120 x 90 (Button 1)
120 x 60 (Button 2)
120 x 240 (Vertical Banner)
125 x 125 (Square Button)
728 x 90 (Leaderboard)

摩天楼 Skyscrapers

160 x 600 (Wide Skyscraper)
120 x 600 (Skyscraper)
300 x 600 (Half Page Ad)

最新情報はIAB公式サイトで。

その他

日本式サイズ size of Japanese style
200×40

srcって何の略?

  • 2010-05-20 (木)
  • web

すごく気になってきたので調べてみたが…
正解が分からないが…
resourceの略かな?

src = uri [CT]
This attribute specifies the location of the image resource.
Examples of widely recognized image formats include GIF, JPEG, and PNG.

Index of Attributes

cssの@importの記述方法について

  • 2010-05-20 (木)
  • css

@import “hoge.css”;

とか

@import url(hoge.css);

などいろいろ記述方法があるようだが、違いは?と今さらながら勉強…

@import url(hoge.css);
の場合、
除 NC4 & WinIE3
Netscape6, MacIE3以降, WinIE4以降は対応している。
「”」で括るとMacIE4.5は認識しない
「’」で括るとMacIEは認識しない

 @import “hoge.css”;
の場合、
除 IE3 & IE4.0 & NC4
Netscape6, MacIE4.5以降, WinIE5以降は対応している。
「’」で括るとMacIEは認識しない

 さらに…

@import url(“hoge.css”) all;
@import url(“hoge.css”) screen, print;
の場合、
除 IE3 & IE4 & NC4 & WinIE5/6
Netscape6, MacIE5は対応している。引用符(“)を用いなければMacIE4.5でも認識し、アポストロフィー(‘)で括るとIEは認識しなくなる。

@import “hoge.css” all;
@import ‘hoge.css’ screen, print;
の場合、
除 IE3 & IE4 & IE5/6 & NC4
Netscape6は対応している。

ということは、
@import url(“hoge.css”) print;
@import ‘hoge.css’ print;
だとIE6は非対応?
検証したいが、IE6はMultipleIEsを使っていて、印刷プレビューとかバグってて検証できない。

今は下記のように印刷用を記述しているのだが、cssをまとめてインポートする時の記述方法を知りたい。
<link href=”hogeprint.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” media=”print” />

ちなみに、IEでは1ファイルに@importで読み込めるファイルは31まで!
そもそもそんなに読み込むことはないとは思うが…。

【参考】
http://east.portland.ne.jp/~sigekazu/css/boxm.htm

IE6,IE7,IE8を区別するCSSハック

  • 2010-05-20 (木)
  • css

IE8とそれ以下

body {
 color: red; /* all browsers, of course */ 
 color : green\9; /* IE8 and below */ 
}

IE7とそれ以下

body {
 color: red; /* all browsers, of course */ 
 color : green\9; /* IE8 and below */ 
 *color : yellow; /* IE7 and below */ 
}

IE6

body {
 color: red; /* all browsers, of course */ 
 color : green\9; /* IE8 and below */ 
 *color : yellow; /* IE7 and below */ 
 _color : orange; /* IE6 */ 
}

条件付きコメント

<!--[if lte IE 7]> 
Make IE7 happy.  
<![endif]-->

【参考】
Quick Tip: How to Target IE6, IE7, and IE8 Uniquely with 4 Characters

スムーズにスライドするタブ型コンテンツ

いいねー。

autoにする場合は

<script type="text/javascript">
   $().ready(function() {
    $('#coda-slider-2').codaSlider({
     autoSlide: true,
     autoSlideInterval: 4000,
     autoSlideStopWhenClicked: true
    });
   });
</script>
<div class="coda-slider preload" id="coda-slider-2">

とするとうごーく!
最初ダウンロードデータの中に入ってたhtmlのscript箇所だけ変えて動かなーいとあせってしまったが、id変えてなかっただけ…はずかしっ!

さらにちょっとカスタマイズしてみると、

« left を « だけにしたい場合は、
jquery.coda-slider-2.0.js 27行目のdynamicArrowLeftText: “« left”,の箇所を変更
そしてその背景スタイルはcoda-slider-2.0.css 29行目の
 .coda-nav-left a, .coda-nav-right a { background: #000; color: #fff; padding: 5px; width: 100px }
を変更すればOK!

【ダウンロードサイト】
Coda-Slider 2.0

Home > アーカイブ > 2010-05

want

Return to page top