Home > アーカイブ > 2010-10

2010-10

【Fireworks】テキストにグラデーションをかける

  • 2010-10-27 (水)
  • tips

Fireworksで文字にグラデーションをかけたいとき、そのままではグラデーションはかけることができない。

アウトライン化してグラデーションをかける方法もあるが、後から文字修正などがあったりすると、
元データ(アウトライン化前テキスト)が残ってないと大変。。。
それに面倒。

そこで、、、グラデをかけてその後もテキストを編集できるようにする方法があります。
(ご存知の方は今更何言ってんのーってなるでしょうが…)

その方法とは…

テキストを選択して、、、

Command [Ctrl] + G

以上!!

つまり、テキストを選択してそのままグループ化すると、グラデーションもかけれるようになるよって話!

追記

で、コメントで教えてもらいました。

文字の色選択パネルの下の方にある「塗りオプション」ー「基本」の部分を「グラデーション」に変えればグラデーションが使えるよ!ってはなし。

きゃーはずかしっ(。-_-。)

【wordpress】wordpressの外にあるhtmlに、カテゴリーAの新着リストを表示したい

wordpressの外にあるhtmlに、カテゴリーAの新着リストを表示したい。
いくつか方法はあるようだが考える時間もあまりないので、
とりあえずささっとリストページを1枚作って、読み込むことにする。

まず、get postsを使ってリストをつくる。

page_a.php

<?php
/*
Template Name: page_a
*/
?>
<ul>
<?php
$postslist = get_posts('numberposts=10&order=DESC&orderby=post_date&category=1');
foreach ($postslist as $post) :
setup_postdata($post);
?>
<li><?php the_time('Y/m/d'); ?>&nbsp;<a href="<?php the_permalink() ?>"><?php the_title(); ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>

パラメータなど下記参照。
【Codex】テンプレートタグ/get posts

これをインクルードするなりなんなりする。

–2010.11.18追記ここから–

インクルードっていうか、そんなややこしいことせずに出来るやん。
やっぱり慌てちゃだめだね。

下記のような感じ。

anew.html (表示したいファイル)

<?php require('./wp/wp-blog-header.php'); ?>
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<title>test</title>
</head>
<body>
<h2>Category-a What's new</h2>
<ul>
<?php
$postslist = get_posts('numberposts=10&order=DESC&orderby=post_date&category=1');
foreach ($postslist as $post) :
setup_postdata($post);
?>
<li><?php the_time('Y/m/d'); ?>&nbsp;<a href="<?php the_permalink() ?>"><?php the_title(); ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>
<p>right!!</p>
</body>
</html>

つまり、下記を先頭に記述して、あとは普通に呼び出せるよってこと。

<?php require('./wp/wp-blog-header.php'); ?>

上記の./wp/の箇所はディレクトリに合わせて記述する。
wp-blog-header.phpはwordpressの直下にいます。

今回はhtmlで表示しましたが、その際は.htaccessに下記を記述しておきます。

<Files index.html>
AddType application/x-httpd-php .html
</Files>

–追記ここまで–

そして、今さらなのだが…

foreach ($postslist as $post) :

の最後の ”:”
コロンだけど???
と、PHPを理解してない私は疑問に思い調べました。遅っ…。

if、for、foreach、while のような制御構造は次のような単純化されたフォーマットで書くことができるそうです。

下記、ビューファイル向けの代替のPHP構文 から引用します。

foreachを使った例は次の通りです:

<ul>
<?php foreach($todo as $item): ?>
<li><?=$item?></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>

中括弧がいらないのを注意してください。
終わりの中括弧が代わりに endforeach に置きかわっています。

また、各制御構造は(最後のものを除き)、各文の末尾にセミコロン ( “;” ) を使う代わりに、コロン ( “:” ) を置くことを注意してください。これは重要です!

下記は、if/elseif/else を使ったもう一つの例です。コロンのところを注意してみてください:

<?php if ($username == 'sally'): ?>
   <h3>Sallyさん、こんにちは</h3>
<?php elseif ($username == 'joe'): ?>
   <h3>Joeさん、こんにちは</h3>
<?php else: ?>
   <h3>誰かさん、こんにちは</h3>
<?php endif; ?>

だそうです。
すっきりー。

【dogmap.jp】で下記のような方法も紹介されています。
Google Feed AJX API を使用して JavaScript で、最新記事を表示する方法
自前の JSONP 形式出力プログラムを設置して JavaScript で、最新記事を表示する方法

あー、勉強しなくっちゃ。

Dreamweaver CS5でなくなったバリデート機能を復活させたい!

なぜ、CS5でバリデート機能を非推奨にし、できなくなったのか…。

すっごく、便利だったのに!!

超活用してたのに!!!

もぉっ!!!!!

って思っていたところ、発見しました!

拡張機能でいけるみたいです♪

Validator for Dreamweaver CS5 (By Donald Booth) をインストールすると、Dreamweaver CS5でもバリデート機能が使えるようになります!

下記参考にしたサイトでは、拡張機能などをインストール後に、メニューバーが文字化けしてしまった時の対処方法も書いてあります!
今回私は文字化けしなかったので、そのまま使えそうです♪

【参考】
効率的なサイト制作のためのDreamweaverの教科書

Home > アーカイブ > 2010-10

want

Return to page top