Home > アーカイブ > 2011-06

2011-06

カスタムフィールドを使用して投稿別に個別のCSSを適用する方法【WordPress】

それぞれの投稿に個別のcssやjsを適用したいときの対処方法。

もちろんidなどをつけてテーマのstyle.cssに記述しても反映されるのだが、全頁で読み込まれてしまい好ましくない。
よって個別のcssをつくり読み込む方法をメモ。

カスタムフィールドで読み込むファイルを指定します。
head内の読みこませたい箇所に下記を記述 。

<?php
 if (is_single()) {
  //カスタムフィールド「post_css」の値があればCSSファイル読み込み
  $post_css = get_post_meta( $post->ID , 'post_css' , true );
  if ($post_css !== "") {
   echo '<link href="' .get_bloginfo('template_directory') . '/css/' . $post_css .'.css" rel="stylesheet" type="text/css" />';
  }
  //カスタムフィールド「post_js」の値があればJSファイル読み込み
  $post_js = get_post_meta( $post->ID , 'post_js' , true );
  if ($post_js !== "") {
   echo '<script type="text/javascript" src="' .get_bloginfo('template_directory') . '/js/' . $post_js .'.js"></script>';
  }
 }
?>

テーマフォルダに「css」フォルダと「js」フォルダを作成し、その中に各ページ個別のcssファイル、jsファイルを入れる。
各投稿の新しいカスタムフィールドを加して、名前に「post_css」または「post_js」、値にファイル名を入れる。

例:
投稿ID35にpost35.css をリンクしたい場合、post35.cssをテーマ内cssフォルダに入れる。
投稿編集でカスタムフィールドを新規追加し、名前に「post_css」、値に「post35」と入力する。

これでスタイルシートが読み込まれる。
また個別ページの他、ページにも適用したい場合は

if (is_single() || is_page()) {
...
}

といった感じで条件を変更すればOK。

プラグインなどもいくつかあるようでコリスさんでもご紹介されていますので、プラグイン希望の方は参照してみてください。
【coliss】WordPressの記事ごとに個別のCSS, JavaScriptを追加できるプラグイン -Custom CSS and JS

【参考記事】
【作業メモ】WordPressで投稿毎に特定のCSSやJavascriptを読み込む

知ってるようで知らないiPhoneの使い方

  • 2011-06-05 (日)
  • tips

知ってますか?
iPhoneで英字入力の時にスペースをダブルクリックすると
ドット「. 」が入力できます。

わざわざ切り替えしなくても打てるんですねー。

知ってるようで意外と知らない機能って多い気がします。
カメラで撮影時にピント合わせたい箇所をポチッとするとか。

まだまだ知らない機能がいろいろありそうですが、覚えた瞬間から、
そんなの当然知ってたよーって言っちゃいましょう♪(´ε` )

お小遣い稼ぎ?実力試し?クリエイティブに行こう!!

今日はお小遣い稼ぎにLancersのご紹介!!

キャッチコピーやロゴ、ウェブ制作などの「仕事をしたい人」と「お願いしたい人」をマッチングしてくれます。
個人間や個人と法人間で仕事を直接取引できる、仕事のマーケットプレイス!
コンペ方式やプロジェクト形式があり両者にとって魅力的。

力を試したい人、お小遣い稼ぎがしたい人、よりよい多くの提案を受けたい企業などにぴったり。

仕事マーケットプレイス「Lancers」!!

挑戦しないことには何もはじまらない!!
まずは登録。
ランサーズ会員登録(無料)はこちら

Home > アーカイブ > 2011-06

want

Return to page top