ホーム > タグ > Dreamweaver

Dreamweaver

Dreamweaver CS5でなくなったバリデート機能を復活させたい!

なぜ、CS5でバリデート機能を非推奨にし、できなくなったのか…。

すっごく、便利だったのに!!

超活用してたのに!!!

もぉっ!!!!!

って思っていたところ、発見しました!

拡張機能でいけるみたいです♪

Validator for Dreamweaver CS5 (By Donald Booth) をインストールすると、Dreamweaver CS5でもバリデート機能が使えるようになります!

下記参考にしたサイトでは、拡張機能などをインストール後に、メニューバーが文字化けしてしまった時の対処方法も書いてあります!
今回私は文字化けしなかったので、そのまま使えそうです♪

【参考】
効率的なサイト制作のためのDreamweaverの教科書

Dreamweaverでテンプレートを使用する際の注意点(パスを使う場合)

  • 2010-06-18 (金)
  • web

テンプレートでファイルを相対パスで指定した場合、Dreamweaver側で自動的にパスを書き換えてファイルを参照しますが、うまくいかない時があるので注意が必要。

テンプレート内にJavascriptコードを埋め込んでいて、さらに引数としてファイルのパスを指定していた場合、パスの変換は行われないので要注意!!

その際は、必ずサイトルート相対パスを使ってファイルを指定する。

 が、しかし、、、

テスト環境とかだとサイトルート相対パスだとディレクトリきったりしてるから、本番環境と同じ記述だとルートの位置がうまくいかない…。

うーーーん、困った。

 とりあえず、今回は小窓を開きたかっただけなので素直にDreamweaverのビヘイビアブラウザウィンドウを開くを使う。この場合はうまくパスを変換してくれるらしい。

<a href="../hoge.html" target="_blank" onClick="MM_openBrWindow('../hoge.html','windowname','scrollbars=yes,width=600,height=500'); return false;">別ウィンドウで開く/a>

こんな感じ。
ただし、普通にメニューで「ビヘイビアの追加」で追加すると、
「return false;」が入らないので、ソースに追記することと、リンク先にURLを指定しておくことも忘れずに!

【関連記事】
JavaScriptがOFFでも閲覧できるように別ウィンドウを小窓で開く

Home > タグ > Dreamweaver

want

Return to page top